冒険日誌 なみのまにえら

ドラクエ10 のプレイ日記を載せて行きます。冒険日誌は画像が消えてしまうので、こちらに残す形です。【このブログのドラクエの画像は原則スクエアエニックスさんに著作権がありますので、無断転載等しないようにお願い致します】(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

地下一階 薄明の空園 ネタバレ備忘録

f:id:naminomaniera:20190804023949j:image

自宅警備員を強化する事にした。

電池式の勇気をひりだして、(勇者も人間なんだな)強化施設へGO!

これ勇気少ないとケガ率上がったりするのかな。アキレス腱切ったりして。

f:id:naminomaniera:20190804024001j:image

迷宮はスルスル抜けました。

アンルシアはトドメばっかりさしてました。

(キックしようかな)

 


最後の大扉をくぐった先にはぼんやりとした人が二人立っていた。

f:id:naminomaniera:20190804024038j:image

謎の亡霊男

 


おお……  この気配は……

生きた人間……なのか……?

 


ならば……  お前たちは

新たな時代の勇者と……

盟友と……いうこと…………。

 


輝かしくも  忌まわしき  あの時代から……

どれだけの……  月日が経ったのだろうか……。

f:id:naminomaniera:20190804024049j:image

謎の亡霊女

 


この迷宮を  さまよう魂は

深い未練を残して  この世を去った

グランゼドーラ王家  ゆかりの者たち……。

 


そして  この美しき迷宮は  死者の魂が創った

永遠の楽園……  いいえ。牢獄と呼んだ方が

ふさわしい場所かもしれませんね。

 


……あなた達にも  迷宮の底にひびく悲鳴が

聞こえるでしょうか?  あなた達も知るであろう

あのお方の  痛ましい声が……。

 

 

 

 


勇者の強化施設じゃなかったのか?

不穏な気持ちを覚えつつ、今日の冒険を終える。

 

 

 

この後ピザを呼んでアンルシアと食べた。

アンルシアはわたしより2きれ多く食べた。